2011年03月29日

International Festival


こんにちは。
アメリカでの生活も2ヶ月と1週間弱が過ぎました。
生活に慣れすぎてなぜか周りから
もう1年くらいここにいるみたいだな(笑)
と言われてますw
まー勉強も生活面も充実してるかんじっすね。


先週の日曜日に、International Festivalがありました。

088.JPG

このイベントはミズーラでは大変人気があり、学生だけではなく
毎年多くの市民が集まります。
様々なブースが設けられ、もちろん日本も参加しました!
日本のブースでは、カレー(甘口くらい)や地震の募金活動、
ダンス(ソーラン節)を踊ったりしました。(自分はアメリカに来た時期が微妙だったので、
何も参加せず客人でしたが笑)

080.JPG

076.JPG

094.JPG

留学の醍醐味の一つとして、色々な文化に触れ日本では
絶対に経験できないことを経験できることじゃないかなと思います。
ただ単に机に向かって一人で勉強することも大事ですが、
「日本でもできること」と「アメリカでしかできないこと」
の区別をしっかりつけて、どっちを今やるのがベストなのか
毎日考えてやっていくことが留学を成功させる一つの手段なのかなー
と思います。


それにしても!今自分が取っているクラスがすごい面白いです!
シェイクスピアのクラスは日本では確実に取れないし、
日本の歴史についての授業は日本でやったことと違う側面で見れるし。


やっぱり授業で習ったことをすぐに友達と英語で議論できることが
何よりも大事だなーと感じますね(^^)


自分の理想とする英語力に到達するにはまだまだ時間がかかりますが、
焦らず毎日一歩一歩進んでいきたいと思います。


日本にいるみんなも今は本当に大変だと思いますが、
こっちにいる日本人もほんとに同じ気持ちで毎日過ごしています。


「日本人」であることに誇りを持って、「自分が今何をすべきなのか」
そこを忘れないようにしていきたいですね。




posted by 日大国際留学生 at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

東北地方太平洋沖地震


3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」により、
亡くなられた方や被災された方に対して、
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。



自分は秋田出身なので、家族や親戚を心配してましたが
秋田にいる家族は無事で、宮城と青森に住むいとこたちは
なんとか無事だと聞いて安心しました。



しかし宮城、岩手、福島では依然として危険な状況が続いており、
日本で起こっていることが心配でなりません。。
宮城にいるいとこや、東北にいる多くの友達の現在の状況を考えると
自分がアメリカにいて何ができるか、少しでも力になれればいいなと
考えているものの、「何をすれば現地の人のためになるか」
正直何をしてよいのか分からないのが現状です。



地震発生から1週間が経とうとしてますが、ここミズーラでは
本当に日本のことを心配してくれる人が多く、色々な組織が協力してくれています。
この惨事が風化せず、時間が経つにつれて人々の心に浸透していくのが
「日本人」である自分にとっては本当に嬉しいです。。



まだまだ厳しい状況は続くと思いますが、アメリカにいても
日本を思う気持ちは全く変わりません。
今は辛いですが、これから東北を始め、
日本はもっと強くなると信じてます!!!

I truly hope the victims of the disaster never give up hope.



posted by 日大国際留学生 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。