2011年03月17日

東北地方太平洋沖地震


3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」により、
亡くなられた方や被災された方に対して、
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。



自分は秋田出身なので、家族や親戚を心配してましたが
秋田にいる家族は無事で、宮城と青森に住むいとこたちは
なんとか無事だと聞いて安心しました。



しかし宮城、岩手、福島では依然として危険な状況が続いており、
日本で起こっていることが心配でなりません。。
宮城にいるいとこや、東北にいる多くの友達の現在の状況を考えると
自分がアメリカにいて何ができるか、少しでも力になれればいいなと
考えているものの、「何をすれば現地の人のためになるか」
正直何をしてよいのか分からないのが現状です。



地震発生から1週間が経とうとしてますが、ここミズーラでは
本当に日本のことを心配してくれる人が多く、色々な組織が協力してくれています。
この惨事が風化せず、時間が経つにつれて人々の心に浸透していくのが
「日本人」である自分にとっては本当に嬉しいです。。



まだまだ厳しい状況は続くと思いますが、アメリカにいても
日本を思う気持ちは全く変わりません。
今は辛いですが、これから東北を始め、
日本はもっと強くなると信じてます!!!

I truly hope the victims of the disaster never give up hope.



posted by 日大国際留学生 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。